トップ > 経営者研修

経営者研修

本研修は、中小企業の経営者・幹部を対象とした経営の意思決定プロセスのスピードを上げ、質を高めるための研修です。

自らの意思決定に自信をもっており、強みのひとつとする経営者は多くいます。

経営は、日々意思決定の連続であり、特に中小企業ではオーナー(株主)でもある代表取締役社長の意思決定が会社の命綱です。それほど「意思決定」は、企業にとって重要な要素なのです。

ただ一方で、意思決定には様々なバイアス(判断のゆがみや偏り)が生じることが明らかにされています。無意識のうちに判断にゆがみが生じていて、意思決定のプロセスや決定がゆがんでしまうのです。

意思決定にあたって、これらのバイアスが生じること、それらを補正する方法を知っておくことは、ほとんどの意思決定を最終的にはひとりで行っている中小企業経営者にとっては大事なスキルでもあるのです。

当社の経営者研修は、経営者の意思決定プロセスに関する様々な実践的な知識をリアルにお伝えすることを目的としてします。

研修内容(例)

本研修の目的は、意思決定のプロセスというものを理解し、自らの意思決定を「客観視」できるようすることです。プログラムの内容は以下のとおりです。

  1. 意思決定とは何か?何が優柔不断にさせるのか?
  2. 経営者の意思決定には何が必要か?
  3. 経営上の意思決定の失敗例
  4. 直感と経験と意思決定の関係
  5. 外部専門家による意思決定の有効性

トップへ