トップ > 税理士のスキルアップ講座 > 税理士と経営コンサルタントの違いは何か?

税理士と経営コンサルタントの違いは何か?

|カテゴリ:税理士のスキルアップ講座

税理士と経営コンサルタントの仕事の違い

税理士の仕事は、一言でいうと、個人や中小企業などの「税務」に関するサポートを行うことを主たる業務としています。特に税理士の資格がなければできない業務は、3つあります。

  1. 税務書類の作成(確定申告書、相続税申告書など税務署に提出する書類作成)
  2. 税務代理(依頼者の代理人として税金の申告をする。税務調査の立会いをする)
  3. 税務相談(税金の算出、相続・贈与や不動産売却取得時などの税金に関わる相談)

これに対して、経営コンサルタントの仕事は、顧客(クライアント)から会社経営に関する様々な相談を受けて、最終的には顧客の問題解決をすることを主たる業務としています。経営コンサルタントは、税理士とは異なり、この資格がなければできない業務というのは基本的にはありません。

以上の2つの職業の定義を見ると、税理士は税務に関する専門的サービスを提供する職業、経営コンサルタントは会社経営に関するアドバイスや専門的サービスを提供する職業であるという明確な違いがあります。

顧客である企業経営者が求めることは?

しかし、これらを顧客の立場から見るとどうでしょうか?

税理士は通常、顧客と顧問契約を結び、月に1回または数ヶ月に1回程度、顧客を訪問し記帳代行を行ったり、試算表をもとにしたアドバイスをしたり、決算期には決算書や申告書の作成を行います。

顧客にとって税理士は、定期的に面会をするもっとも身近な専門家です。ただ、専門家であるという認識ゆえに経営全般についてもよく知っていて、経営上のいろいろなことについて相談に乗ってもらえるのではないかと思われることが多いのも事実です。

税理士の方であれば、顧客から税務相談以外の経営に関する相談、たとえば従業員のことや新規事業のこと、資金調達のことや資金繰りのことなどの相談を受けた経験がある方は多いのではないでしょうか?

つまり、顧客から見ると、税理士と経営コンサルタントとは明確に区別ができず(せず)、身近な専門家である税理士に経営に関するコンサルティングをも求めるのです。

逆に言えば、この点にこそ税理士に対する顧客のニーズがあるのであり、税理士にとっては新たなビジネスチャンスとなるのです。

税理士が経営コンサルタントにもなるためには

税理士がこのチャンスを活かすためには、経営コンサルティングに関するスキルを体得する必要があります。

「経営にかかわるコンサルティングなどは自分にはとてもできないよ。」とは思わないでください。一般的に経営コンサルタントになるためには多少時間はかかりますが、税理士であれば体系的に学んでいくことによってコンサルティングスキルは着実に身につけることができます。

「税務の専門的スキル+経営のコンサルティングスキル」の体得によって、AI時代にこそ顧客からもっとも頼りにされる身近な専門家として活躍していきましょう。

当社では、税理士向けに経営コンサルタント養成講座を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

この記事は、お役に立ちましたか?



トップへ